fc2ブログ

記事一覧

DATA.27 水明荘

水明荘
芦別炭鉱の独身寮の廃墟、芦別市頼城の炭鉱への旧道に位置しており、横に長い建物。
過去には木造の旧水明荘がありましたが全焼したので新たに建てたのが今残る水明荘です。

独身寮と言うだけ非常に簡素な作りで、狭い廊下に食堂、トイレ、部屋のみで余計なものがほとんどない。
長い直線廊下は魅力的で崩壊していながらも進むことは可能です。

見応えとしては非常に素晴らしく、平成まで使用していたものの作りが現在にはない作りをしています。
また天井の崩壊から植物がおがっており、苔や生育した木々が廃墟とベストマッチして絵になりました。
足場さえ気を付ければ見事な廃墟と思います、あと蜂害や稀に蛇が侵入しているので要注意。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朱いエヌワン

Author:朱いエヌワン
北海道の廃墟を探索して12年目ながら未だ初心者の朱エヌです。
札幌を拠点に活動しています。
記事内容は様々ですが就中廃墟美や詳細等を書きたいと思います。
(事情により廃墟名を伏せさせて頂く物件もあります御了承願います)

最新コメント

月別アーカイブ